口コミを見れば必要なベビー用品が一目瞭然

よく選んで購入しましょう

赤ちゃん

数あるベビー用品のなかでもとくに慎重に選びたのがベビーベッドです。生まれたばかりの赤ちゃんは自分の力ではうまく寝返りをうてません。そのためベッドの中で体がひっくり返ってしまうと元の姿勢に戻れなくなります。最悪の場合はそのまま窒息する場合もあるので、ベビーベッドは人間工学に基づいて設計された安全性の高いものであることが大切です。またベビーベッドは1歳前後まで使用しますが、早い子の場合には1歳を迎える前につかまり立ちを始めるので柵の高いものを選ぶ方が安心です。ベビーベッドは日常での使い勝手も大切となります。柵の高いベビーベッドは安全性に優れていますが、その一方で柵が高いと寝かしつける際に邪魔となってしまうことも少なくありません。そこで簡単に寝かしつけられるように柵は開閉ができるものを選ぶとよいでしょう。抱っこしてる間はおとなしくてもベッドに寝かしたとたんに泣き出す子もいます。とくに夜泣きが頻繁な子の場合は何度も様子を見に行くことになるので大変です。一人寝が難しい子の場合は添い寝ができるベビーベッドがおすすめです。添い寝ができるベビーベッドなら赤ちゃんと一緒に眠ることができるので、夜泣きが始まった際でもすぐにあやして寝かしつけることができます。最近ではキャスターで移動できるものや収納しやすい折り畳みタイプも人気です。このようなタイプのベビーベッドなら日常での掃除が簡単なほかベビーベッドを卒業した際にも簡単に片づけることができます。ベビー用品を扱っている専門店などでは、機能性やデザインなどにこだわりのあるベビーベッドが豊富に取り揃えられているため、購入する際に一度覗いてみるとよいでしょう。また、購入時には安全性や機能性などをきちんと確認することが大切です。