口コミを見れば必要なベビー用品が一目瞭然

足の成長のために

ベビーシューズ

あっているものを選択する

子供がはくキッズシューズを選択するときには成長段階に応じてしっかりと選択をする必要があります。まず、ポイントになるのがどの段階で靴を履かせるかということです。つかまり立ちをしたり、ちょっと立つことができるようになったときに履くようなキッズシューズでは、機能性よりも足を保護するような意味合いが強くなります。このため、できるだけ履きやすく、足全体をカバーしてくれるようなキッズシューズが理想になります。また1歳から2歳ぐらいになると自分の足でしっかりと歩くようになります。このときにも足の形にしっかりとあったものを選択して、子供が大きくなって行くのであればそれに合わせてキッズシューズも買い換えて行く必要があります。足が大きくなっているのに小さいものを履き続けてしまうと足に負担がかかり、マメなどができてしまう原因になります。さらに子供は無意識のうちに無理のない姿勢で歩こうとしてしまうために姿勢が悪くなったり、足の動かし方が悪くなってしまうようなことにもつながります。場合によってはあまりキッズシューズを使わないうちに成長をしてしまうこともありますが、将来的なことを考えて自分に合っているシューズを選択することがポイントです。もう少し大きくなってくると保育園や幼稚園に行くことも考えて、自分で履いたり、脱いだりすることができるようなキッズシューズを選択すると、自主性を身につけることができるようになります。